風俗帰りは必ずイソジン

結局、無難な方が満足する

風俗嬢選びのコツ、それは「無難」ですね。無難とか平凡とかって、あまり良いもののように思われていないんですけど、決してそんなことはないんです。むしろとっても面白いですよ。それに、そもそも風俗嬢は個性的な子が多いので、風俗嬢を見て「無難」と思うってことは、現実社会の基準で考えたら十分に個性的だと思うんです(笑)だからあまり良い風俗嬢が見つからないなって思ったら、とりあえず自分の中で無難だなって思う風俗嬢を指名しておけば間違いないんじゃないかなって思いますけどね。無難という言葉から、妥協しているかのように思われるんですけど、決してそんなことはありません。むしろ無難というのは、風俗嬢選びではかなり大きな判断材料になってくれるものだと思いますので、迷ったら無難。これをキャッチフレーズにしてみるのも良いんじゃないかなと。もちろん自分もそうですよ。一人に絞り切れないとか、迷っている時には無難かなって思う子にしていますし。

ぼんやり感が良かった

彼女は間違いなく美人です。誰がどう見ても、風俗嬢として美人て話じゃなくて、誰が見ても美人だと思うタイプの美人。そんな風俗嬢だったんですけど、性格がクセがあるというか、かなりマイペース。そして無口。ぶっきらぼうとまでは言いませんけど、愛想があるとは言えないタイプだったんです。でも、それはすべて人見知りだってことも分かりました。なぜなら、こちらとしてもかなり積極的に話しかけたんです。きっと人見知りなんだろうなって思って、それを解いたらどうなるんだろうって言う楽しみがあったんです。だから徐々に彼女が心を開いてくれるのが楽しかったんですけど、それが自分的に大成功というか、心を開いた彼女は少し暴走気味というか、いろいろとぶっ飛んだ風俗嬢だったんですよ(笑)発想が全てにおいてこちらの斜め上というか。そんな彼女との一戦は、これまでの風俗にはないものだったので、とっても貴重な時間を満喫出来たかなって思っています。