風俗帰りは必ずイソジン

共存もまた、楽しいです

風俗はこれと言ったジャンルを決めずに、自分のその時の気分によって遊ぶジャンルを変えています。この前から性感マッサージ、ピンサロ、デリヘルとなっていますね(笑)同じジャンルを遊び続けなければならないって定められている訳ではないので、デリヘルだけが好きって訳じゃなく、いろいろと楽しませてもらっています。風俗では非日常を求めているので、同じ物ばかりで遊んでいたらさすがにマンネリ感が出てしまうかもしれないじゃないですか。それだけに、何か一つに入れあげるのではなくて、いろいろなものをバランスよく楽しむくらいが丁度良いんじゃないかなって思うんですよ。むしろその方が常に刺激的な時間を楽しめるし、自分でもいろいろな気持ちを味わうことが出来るとあって、自分のスタイルとして定着しつつあるんですよね。お店に行ったりホテルで楽しんだり。毎回違ったシチュエーションを楽しめていますが、それも風俗の魅力の一つなんじゃないかなって。

趣味と呼べるもの。それが風俗

無趣味な自分ですけど、そんな自分が「趣味」だと思えるのは風俗くらいなものですね。お金がかかるって言う突っ込みも聞こえてきそうですけど、どんな趣味でもお金はかかりますしね。むしろ初期費用が掛からないじゃないですか(笑)何かを使用って思ったら、どうしてもそれなりにお金がかかりますよ。道具を揃えたり、移動のためにお金を掛けたり。だから風俗が他の趣味と呼ばれているジャンルと比べて法外に高いって訳ではないんじゃないかなって思いますけどね。むしろそれが大きなメリットというか、風俗に行くためにウェアを揃えたり、大きなカバンを購入したり、体力をつけておかなければならないってこともないですしね(笑)それこそありのままの自分でいいんです。お店に行って女の子と遊んで気持ち良くなって。嬉しい気持ちになって帰宅する。このサイクルは、趣味を呼んでも何ら差し支えないものなんじゃないかなって思いますけどね。だから自分も毎回楽しいですし。