風俗帰りは必ずイソジン

特に気になった部分があります

テンションも声も低いので、ともすれば彼女はあまりやる気のない風俗嬢なのかなって思ってしまうでしょうね。自分も初対面の時には申し訳ないんですけど、彼女に対しては「やる気がないのかな」と思ってしまいました。でもそうじゃなかったんです。彼女はやる気が見えにくいかもしれないんですけど、実際にはこちらのことをしっかりと考えてくれるタイプの子だったんですよね。だからギャップに感動しました。プレイが始まると彼女は割と貪欲。そのギャップの見せ方を計算していたのかまではよく分かりませんけど、おかげで自分自身、かなりテンションが高くなりました。それに、声が低いって思っていましたけど、感じた時の声がちょっと高くなるので、その変化も良かったです。艶があるというか、低い声の風俗嬢が感じるとこういったことになるのか…みたいな感動もありましたし、何気にいろいろと楽しむことが出来たんじゃないかなって。だから彼女は決してやる気がない訳じゃありません(笑)

競争原理は風俗でも同じかも

風俗でも競争原理は働くものだと思うんですよね。だから風俗で遊ぶ時は出来る限り売り手市場ではなく、買い手市場になっている所で楽しむようにしています。お店がそこだけしかないってところよりも、周りにたくさんお店があって、デリヘルの業者も多いようなエリアの方が単純に考えて風俗嬢のレベルは高いんじゃないかなって思いますよね。それに、風俗嬢だけじゃなくてお店もですよね。ホームページを見てもかなり作り込まれているものが多いし、更新頻度も高いし。それに、スタッフの応対ですよね。女の子だけじゃなく、スタッフの応対もしっかりしているので、そこに大きな感動があるんです。だから自分では風俗で遊ぶ時にはなるべく激戦でレベルの高い所でって思って楽しませてもらっていますが、これを意識してから風俗で失敗したなって気持ちになったことはないので、もしかしたらちょっとした風俗必勝法と言っても良いんじゃないかなって思っています(笑)